目標が持てない時

『目標設定』というと、明確な大きなもの、というイメージを持ち、「目標がはっきり立てられません」とおっしゃる方も多いです。また、『目標」はあるものの、頭の片隅に追いやられ、意識せずに過ごし、誰かに聞かれるとその目標を再認識する、ということもよく聞く話です。

目標がない



女性経営者をはばたせる下田まゆみです。
公式プロフィールへのアクセスがランキングに反映されます。
ワンクリック↓で応援をお願いいたします!!

gcs下田まゆみ

目標がなくてもOK!!

目標はなんのために立てるのでしょう。
モチベーション維持のため、文字通り、標(しるべ)を作り、着実に進むため、また、トライアンドエラーの指針として、などさまざまな理由から目標設定をしそこへ向けてのプロセスを計画し進むことは素晴らしいことです。
しかし、このように明確で大きな目標が必ずなければならない、ということはありません。

自己信頼を積み重ねる

自己信頼

特に目標とするものが特にない、と感じた時は
『明日は今日とは違う自分になる』
という自分と約束をすることをオススメします。
自分との約束を守ることは『自己信頼』に繋がります。自己信頼は決して裏切りません。
自分を認め、時には褒める。この積み重ねが『自己信頼』を築きます。これは自分が自分にするものです。嘘をつくこともごまかすこともできません。

自分を育てる

自己肯定感とは
自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する語。 自己否定の感情と対をなす感情とされる。

実用日本語表現辞典

この言葉を最近はよく耳にします。自己信頼の積み重なりは自己肯定感にも繋がり、自分の存在意義、あり方を肯定的に捉えることにつながります。自己肯定感が高いことが良い、という意味合いで使われることも多いですが、高低ではなく、常に自己肯定感を育てていく、自己信頼を積み重ねていく、そこを大切にしたいと感じています。

明日は今日とは違う自分になる

新しい自分

毎日、同じことの繰り返し、なんてことはありません。
例えば
・いつもは夫から「おはよう」と言われた子に答えるから、明日からは自分から声をかけよう
・明日からは「ありがとう」と必ず声に出して誰かに感謝を伝えよう
など、ちょっとしたことで毎日違う自分になってみる。

明日はどんな自分になりますか??

朝活Zoomセッション受付中

Zoomセッション

1週間に1度、自分と対話する時間を自分にプレゼントしませんか?
毎日忙しく、悩みや不安、不満をみないフリして過ごしていませんか?
忙しい方に特にご好評いただいている『自分のための朝活時間』
詳細はこちらをご覧ください。

下田まゆみ
ENTRESH 代表
GCS認定プロフェッショナルコーチ
秘書技能検定準1級




女性経営者の方の個人セッションをお受けしています。
即断即行の日々をお過ごしの経営者の方の思考の整理をサポートし、行動へつなげます。
会社も人生もますます輝いたものへと伴走させていただきます。
信託銀行本社秘書課勤務経験を活かし
秘書マインド×コーチングマインドであなたの人生に寄り添います。
ENTRESH経営者の方向けのセッション


社内にコーチングを導入したい!
など
社内研修についてはこちらよりお問い合わせください。
ENTRESH企業様向け

子育ても仕事もどちらも楽しみたい
もっと仕事もしたい!
でも、家事も育児も手抜きはしたくない!
そんな働く女性を応援しています。
あなたの人生をもっと輝かせるお手伝いをしています。
ENTRESH個人セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA