変わって欲しい人はいますか?



子どもの成績が悪い
友人のいい加減さにイライラする
部下がなかなか成果が出ない

など「変わってくれたらストレスが減るのに」

と感じたことはありませんか?







あなたの可能性を広げ、行動力を高めるコーチの下田まゆみです
(下田まゆみの公式プロフィールはこちらです)





期待すればするほど



自分にも家族にも

身近であればあるほど

親身に思えば思うほど

OKの基準が高くなり

『できていないこと』に目がいってしまうこともあるものです



『認めて伸ばす』『褒めて伸ばす』といっても

認められない、褒めるところない

なんて感じていたら

「すごいね〜」などの

うわべだけの言葉になってしまったり

「さすがだね」などの

よくある言葉を並べ立てるばかりで

気持ちが入っておらず

それは相手にも伝わってしまうものです




基準はどこにありますか?



こんな時のOKの基準はどこにありますか?

多いのは『自分』が基準になっているパターン



例えば、職場を考えてみます

上司の自分は部下より

スピード、出来栄えは良いです

経験値が高いのですから当然です


その基準で部下を見ていると

経験値が少なく、不慣れな部下は

不出来に写ります

基準が『自分』だからです

しかし、その人の『今』の基準で見るといかがでしょうか?



例えば、この部署に来て1ヶ月の部下がいたとします

部下の今の基準に照らしてみると

「まだ1ヶ月なのに、ここまで出るとは驚いた」

と認め、褒めてあげることができます

そうなれば部下もますます期待に応えてくれでしょう




自分が変わる



これは「部下の出来が良くならないから褒めるところがない!!」

と褒めるところがないことを部下のせいにしていることにより

自分にもストレスがかかっている状態です


しかし、急かしたところで部下はの出来が良くなるわけではありません

でも、上司のあなたの考え方、捉え方を変えることにより

どちらにとっても良い状態がもたらされます

経験値が高い人だからこそ様々な基準を作ることができるのです

これはすぐに取り組むことができることです



まずは自分が変わってみませんか??





とはいえ、私も娘には高い基準で求めてしまうことがあります
改めて娘の『今』を見つめてみることにします

 







今日は思い立ち
キッチンの断捨離をしました
大きなゴミ袋に2つ
次回の不燃ゴミの日に出しまーす♪

2019.5.3 mayumi





*********************


〜体験セッションのご案内〜
実際のコーチングセッションと
私のご提供させていただいているサービスのご説明をさせていただきます


*エグゼクティブ・コーチング
あなたのライフスタイルそのものが
事業に大きく関わる経営者の方だからこそ
ご自分の心の声・思いにも寄り添い、向き合う時間が必要です
私が秘書マインド×コーチングマインドで寄り添い・向き合います

下記メールよりお問い合わせください
下田まゆみへのコンタクトフォーム


*今と理想の未来をつなぐコーチング
思考を整理して、行動力を高めます
『目標達成や問題解決の自発的行動力を高める』

女性起業家の方向けコーチング体験セッション
管理職の方向けコーチング体験セッション
*▲詳細ページに5月の予定をアップしました



*********************




お読みいただきありがとうございます
卒業したコーチングスクールのアクセスランキングに参加しています
応援のクリックしていただけると励みになります❣️
下記↓のバナーをワンクリック、どうぞよろしくお願いいたします!!!

gcs_coach_banner




*********************



ブログランキングの参加を始めました
ぜひ、ワンクリック↓での応援お願いいたします♡

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は banner_23.gif です



*********************


下田まゆみへの質問
このブログへのご感想など
お気軽にお聞かせください

下田まゆみへのコンタクトフォーム



**********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA