『枕詞』を味方につける

相手に言いにくいことを伝える、ってありますよね。

どんな風に伝えようか、など頭でシュミレーションしたり・・いざとなったら、言葉が弱々しく、伝えたいことが満足に伝わらないような言い方をしてしまったり・・






経営者をはばたかせる下田まゆみです
(下田まゆみの公式プロフィールはこちらです)



『枕詞を使う』ことが助けになるかもしれません。これにより、自分自身もラクに言葉が出てくるかもしれません。様々な種類がありますが少しご紹介します。



『相手に許可をとる』


「ちょっと言いにくいのですが、伝えても良いですか?」

この言葉を言われた相手はほとんどの場合「YES」となります。

誘導のようにも感じますが、「YES」をもらうことで、その場の雰囲気も自分も良い状態のまま伝える場が整います


『ある視点から見た場合』という限定


「コーチの視点から見ると」など、限定することで、全てではない、ある限られた視点からの言葉として相手が受け止めやすくなります。



『自分の気持ちを伝える』


「これをいうのはちょっとドキドキするんだけど」

伝える側の自分の気持ちを伝えつことにより、相手も誠意を持って聞いてくれるようになります。








『枕詞』を使うことにより
自分と相手の間の関係が『パートナー』になれます。
何もつけずに伝えると、伝え方、相手の受け止め方によっては『上下関係』ができてしまい「上から目線」などと言われてしまうことも・・・
誠意を持っていることをきちんと伝えるためにも、上手に『枕詞』を挟みメッセージを伝えていきたいですね。
(自戒も込めて・・)






最後までお読みいただきありがとうございました。








メルマガ登録

下田まゆみの記事の最新号を毎週金曜日にお届けしております。
登録してくださった方には『事業の見える化』に役立つワークシートをプレゼントしています。

ENTRESH公式無料メルマガの登録









下田まゆみへの質問
このブログへのご感想など
お気軽にお聞かせください

下田まゆみへのコンタクトフォーム





発行者
ENTRESH(アントレッシュ)代表
下田まゆみ

国際コーチング連盟(ICF)認定ACC
銀座コーチングスクール認定コーチ

ENTRESH ホームページ

下田まゆみ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA